不登校 高校生の不登校解決 高校中退 ひきこもり ひきこもりの対応 子供との関わり方 不登校・ひきこもりで悩む前に 不登校・ひきこもり専門カウンセラー志田清治

★携帯電話の方はこちら

■不登校
小学生不登校解決
・悩んだときの解決方法
・不登校 脱出
・子供のこころ
・本音
・小学4年 女
・小学6年生 女
・小学5年 女
中学生 不登校解決
・悩んだときの解決方法
・不登校 脱出
・子供のこころ
・本音
・60%は中学生
・家で嫌なこと
・自信を取り戻す
・中学1年生
・中学3年生
・中学2年生男
・娘の不登校
中学2年睡眠障害
中学2年朝起きれない
中学1年 秋から
・親の態度
・中学3年 不登校ぎみ
・中学3年男
中学3年全く学校行かない
・中学1年対人関係苦手
中学3年女勉強しない
高校生 不登校 解決
・悩んだときの解決方法
・不登校 脱出
・子供のこころ
・本音
・留年
・高校中退
・2学期から不登校
・夏休みが終わったら
・友達ができた
・いじめが原因
・高1 不登校からひきこもり
不登校 原因
・愛情不足
・親の接し方
・両親の対応
・不登校になって3カ月
・体育祭がきっかけ
・夏休み
不登校担ったときの接し方
・褒め方叱り方
・親の接し方
・子供のこころ
・不登校は病気?
・専門家に相談
・家庭訪問
・不登校になってしまったら
・ゲームばかりしている
・無理やり学校へ行かせる
不登校児
・不登校児の人数
・不登校児の共通点
・なりやすい子
・求めるもの
・こどもが望むもの
・鬱と不登校
不登校 学校
・私立 か? 公立 か?
・学校やめたい
・不登校の定義
・不登校の子供の心
・行くか行かないか?
・フリースクール
・新学期
不登校相談
・不登校カウンセリング
・不登校 専門
・精神安定剤
不登校実態
不登問題
・不登校解決方法
・こどもが一番大切なもの
不登校 施設
不登校心理
・親の期待
・子供 不登校
・財布からお金を盗む
・朝になるとお腹痛い
・嫌なことはないけど
・塾はまだ嫌
 思春期の不登校
・不登校 復帰
・大検
・不登校 登校
・不登校 親
・不登校 体験
・不登校 父母 
・高校生の不登校
・父親を避ける
・父親と仲が悪い
■ひきこもり
ひきこもり原因
・原因 トップ5
・原因を理解
・原因は親
・大学受験失敗
ひきこもりの対応
・子供との関わり方
・友達との関わり方
・こどもへの言葉のかけ方
・元気になることば
・笑顔が戻る言葉
・こどもが嫌がること
・鬱と家庭内暴力
ひきこもり解決
・解決までにすること
・子供の性格別解決方法
・ひきこもりから旅立ち
お母さんがすること
・待ってあげること
・学校をやめたい
■登校拒否
・登校拒否解決
お母さんがすること
・お母さんがすること
お父さんがすること
・おとうさんがすること
・お父さんの役割
登校拒否 対応
・効果的な対応方法
・心がけ講座
・対応ノート
・暴力
・自殺
・登校拒否中学生
登校拒否 原因
・原因を理解する大切さ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 週刊 【不登校・ひきこもり解決マガジン】 第15号〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の解決策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 不登校・ひきこもりを解決するためにQ&Aでズバリ教えます。
 読み終わった後は必ず実践して下さい。実践無くして、向上無し!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■相談者・南春子さん(仮名44歳) 息子・俊樹君(仮名17歳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

息子が高校を中退してぶらぶら

ひきこもり状態なのです。

主人は「学校に行かないなら働け」と言っていますが、

主人が帰ってくる頃になると2階へあがってしまい

話し合うことが出来ずに、

主人と息子の板ばさみになっています。

どうすればいいでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■不登校・ひきこもりカウンセラー志田のアドバイス。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お父さんはよく

「お前が甘やかすから俊樹はこんなんになってしまったんだ」

と言い、

お父さんの基準、厳しさを俊樹君に求めています。

どうしてひきこっているのかを聞いてあげずに

「学校に行け、行かなければ働け」と一方的に言われれば

当然、反感をもち更にひきこもりになってしまいます。

 

「うるさいやつ」

「話のわからない親」

「この人たちは別の世界の人だ」

と思いますますひきこもりになってしまいます。

 

ではどうしたらいいでしょうか?

それは、「無心」にこどもへの愛情を注ぐことです。

ひきこもりの息子という「腫れ物」にあえて触る努力を

してください。

決まった時間に決まった言葉をかけてあげることから

始めましょう。

最初のうちは、「おはよう」と「おやすみ」だけで十分です。

お父さんに関しては、これからお母さんを介して話すことは

やめてください。

勇気を持って俊樹君と1対1で話す努力をしましょう。

どうしても話すのが無理ならば「手紙」を書いて下さい。

短い文面でもいいです。

俊樹君が読んでも読まなくてもいいのです。

大切なのは、決まった曜日に

「書き続けること」です。

続けることによって俊樹君は必ず分かってくれます。

ひきこもりや不登校を解決するのに一番大切なのは

お父さん・お母さんの愛情ある言葉です。

カウンセラーはきっかけや、具体的行動を教えることなのです。

しかし、本当の意味で不登校や、ひきこもったこどもの

こころの扉を開けてあげることが出来るのは

お父さん、お母さんなのです。


■メルマガに登録する

※登録が完了しますと、不登校110番よりメールが届きます。
(フリーメールをお使いの方は迷惑メールフォルダーに入ってしまうことがります。迷惑メールフォルダー内のメールをご確認ください)